屋根に集まる鳩を撃退~早めの対策がリスクヘッジに繋がる~ 屋根に集まる鳩を撃退~早めの対策がリスクヘッジに繋がる~

鳩対策をするなら集まりやすい屋根をメインに行おう

屋根に飛んでくる鳩には十分な対策を!

屋根にとまっている鳩の群れ、最初は可愛いと思っていても煩わしくなってきます。アレルギーや感染症リスクもあって、衛生的にも不安です。屋根の鳩対策の必要性を理解するため、具体的なトラブル例を見てみましょう。

屋根の鳩対策の必要性

鳩は隙間が好きなので、太陽光パネルと屋根の間に巣を作ります。屋根の上にたくさん鳩が止まっている場合、巣を作られた可能性を疑いましょう。屋根が鳩のたまり場になってしまうと排除するのは難しく、専門的な鳩対策が必須になります。高いところの作業になるため自分で対処しようせず、鳩対策業者に連絡しましょう。

鳩が屋根に飛んできて困っている人は大勢います

鳩の鳴き声による騒音被害に悩まされています。(30代/Sさん)

春先くらいから屋根に鳩がくるようになって、日の出と同時に「クルックー、クルックー」鳴くため、頭がおかしくなりそうです。産まれたばかりの赤ちゃんが鳴き声で起きてしまって、せっかくお昼寝してくれたと思っても、1時間と持ちません。羽毛アレルギーもこわいので何とかしたいと思うのですが、対処が分からず困っています。

何をやっても効果なしでお手上げです。(40代/Kさん)

鳩が頻繁に来るようになって、一階の屋根がフンだらけになっています。直接鳩がとまっている二階の屋根は、もっとひどい状態だと思います。ベランダならワイヤーを張ったり防鳥ネットを使ったりできるのですが、屋根の場合はどうしたらいいのでしょうか。思いつく限りの対策を試してもお手上げ状態で、良い解決策が見つかると助かります。

場所が場所なので鳩対策が難しいです。(40代/Tさん)

ひさしに鳩が来て汚れていたため、鳩除け用の剣山を着けました。そこには止まらなくなったのですが、違うひさしに鳩が集まって来ました。手が届かないところだし、はしごを使うスペースもないため、どう対応したらいいのか分からず困っています。ワイヤーや剣山以外の方法がいいのですが、自分では対処しきれない状態です。

屋根にソーラーパネルを設置している人は要注意!

太陽光発電

ソーラーパネルを屋根に設置するエコ対策住宅が増えていますが、鳩の被害が心配です。雨をしのげる隙間に集まってくる習性があるため、ソーラーパネルは格好の住処とされます。屋根に鳩が住み着くと、ベランダや庭にも被害が広がるリスクがあります。景観を損なうだけでなく騒音や悪臭の原因にもなるため、早めの鳩対策が必要です。

鳩の帰巣本能は驚異的!早めの鳩対策が大切

帰巣本能が強いので、一度巣を作った場所に繰り返しやってきます。多少住み心地を悪くした程度では再来リスクがあり、根本的な鳩対策が必要でしょう。巣が作られた場所は他の鳩にとっても居心地がいい証拠なので、トラブルが広がります。屋根だけでなくベランダ、ひさしなど周辺設備を合わせて対策しておき、根本的な解決を目指しましょう。

TOPボタン