屋根に集まる鳩を撃退~早めの対策がリスクヘッジに繋がる~ 屋根に集まる鳩を撃退~早めの対策がリスクヘッジに繋がる~

鳩が棲みつきやすい環境と対策が必要な理由

鳩に棲みつかれる要因と鳩対策の真実

鳩が住みつくには理由があって、条件がそろった屋根に飛んでいきます。どんな屋根が鳩にとって好ましい環境なのか、意識したいチェックポイントを見ていきましょう。予防策の一貫として、鳩が住みにくい環境へと変えましょう。

鳩が好む環境~あなたの家は大丈夫?~

もともとは岩場や崖に巣を作っていた生き物なので、入り組んだ狭い場所を好みます。橋の下や民家のひさしなど人の目につきにくい場所は心地良く、積極的な鳩対策が不可欠です。入り組んだ場所に巣を作れば敵から見つかりにくくなるので、身を隠す狙いもあります。エサや水場の近くも住み良い環境が条件で、川や神社の近くは狙われやすい傾向があります。ゴミ捨て場の近くなどはエサが豊富な環境と言えるので、屋根の鳩対策が必要です。

鳩対策に関するお悩み相談

鳩対策としてCDや目玉風船を吊るしているのですが効果がありません。なぜですか?
鳩対策としてCDや目玉風船を吊るしてすぐなら、一定の効果が見込まれます。太陽光が反射して強い光が出ると驚いて、その場を離れる習性があるためです。ただし、一旦問題ないと判断すると警戒心が薄れていくため、継続的な効果は見込めません。
鳩が屋根にとまっていたら石を投げて撃退してもいいですか?
鳩を衰弱させたり威嚇したりすると、鳥獣保護法違反に問われます。悪質な場合は懲役や罰金の処分もあるため、石などで攻撃してはいけません。鳩を捕まえたり卵をとったり、勝手に触れて駆除すると法律違反にあたります。
剣山は効果が薄いと聞いたのですが本当ですか?
場所に対する執着心が強いため、剣山程度では思うような対策効果は得られません。剣山の隙間をぬって巣を作ったり剣山の上に運んできた板などをしいて足場を作ったり、決めた場所にとどまるための対策をします。

屋根を鳩が嫌がる場所にするのがポイント

鳩にとって居心地が悪い環境にすることが、鳩対策のポイントです。防護ネットや鳩除けネットを設置して、一定期間様子を見ましょう。女性の一人暮らしなど屋根の上で作業するのが大変な状況なら、専門業者に依頼するのも一案です。  

TOPボタン