屋根に集まる鳩を撃退~早めの対策がリスクヘッジに繋がる~ 屋根に集まる鳩を撃退~早めの対策がリスクヘッジに繋がる~

想像以上に深刻な鳩の弊害と被害の例

鳩による被害は深刻です

鳩がくるとどんなトラブルが起こるのか、深刻な被害状況を見ていきます。屋根にとまっているくらい、と思っていると対応が後ろ手になって、怖い被害が起こります。リスクを正しく理解して、真剣に鳩対策を考えてみましょう。

鳩による屋根への被害は一般家庭だけではない!

鳩対策に悩んでいるのは、一般家庭だけではありません。お寺や神社など歴史的建造物の屋根にも巣を作り、景観が損なわれます。たくさんの観光客が訪れるエリアから健康被害が出ると深刻な状況になりやすいため、専門的な鳩対策を行っています。鳩のフンには建物の構造にダメージを与えるリスクがあるので、耐久性にも影響が出る可能性があります。歴史に名高い建造物を守るためにも、鳩対策は必須です。

屋根に飛んでくる鳩がもたらす被害

屋根に鳩が飛んでくると、糞害や騒音が心配です。どんな問題が出てくるのか、具体的なトラブル内容を見てみましょう。

糞害
鳩の巣が屋根に出来ると、ベランダやガレッジがフンだらけになってしまいます。見た目がひどくなるうえに衛生面の問題もあり、感染症が心配です。アレルギーや喘息持ちの方はとくに重症化する恐れがあり、巣を見つけた段階での鳩対策が重要です。
騒音被害
鳩の鳴き声や羽音は響くため、精神的に参ります。昼夜問わず鳩の声が聞こえると、ゆっくり熟睡できません。ヒナが産まれる時期はとくに騒音が出やすく、ご近所にも迷惑です。春から秋が鳩の繁殖期と言われているので、冬場に鳩対策をするといいでしょう。冬場以外であっても巣が出来たらすぐ対応して、トラブルを防ぎましょう。

被害が拡大する前に鳩対策を施そう

被害が拡大する前に屋根の鳩対策を進めていけば、きれいな状態を維持できます。予防策はもちろん、被害に気付いた段階での早急な対応が必要でしょう。羽休めとして時々来る程度だったのが「ねぐら鳩」に変わっていくと、状況は深刻です。健康被害や騒音がひどく気になるはずなので、出来る限り早めの対処をおすすめします。  

TOPボタン